黒 にんにく 匂い 対策

【完全版】黒にんにくを作る時の匂い(臭い)対策

黒にんにく 匂い 対策法

 

にんにくの4倍の疲労回復効果があると人気の黒にんにく。

 

そんな黒にんにくを炊飯器で自作する場合、かなりの強烈な匂いが発生します!

 

そんな匂いを完全になくすための対策をまとめてみました。

 

これらの技をすべて実践していただければ
「ほとんどにんにくの匂いがしない!」
というレベルで黒にんにくを自作していただけるようになると思います。
※もちろん炊飯器を開けたときは匂います(^-^)

 

今回の記事作成にあたりつぎの方々の記事や写真を参考&引用させていただきました。
・JUNYOUの隠れ家 さん
・いやいや始める... さん
・心地よい暮らしのエッセンス さん

 

簡単に黒にんにくのパワーが手に入るのはこちら

 

 

ご紹介する内容は次の通りです。

 

 

 

 

この記事でわかること。
・炊飯器に染み付く匂いはどうすればいいの?
・匂いがなくなる作り方は?

 

まずは黒にんにくを作るための炊飯器についてです。

 

 

炊飯器に染み付く匂いはどうすればいいの?

黒にんにく 匂い 対策法
黒にんにくを作るには、にんにくを10日~2週間くらい炊飯器に入れて熟成発酵するため、ご飯を炊いた時に、にんにくの匂いが染み付かないというのは困難です。

 

それでも平気な方はいいかもしれませんが
基本的には、古くなった炊飯器を黒にんにく用に用意した方がいいでしょう。

 

ちなみに黒にんにくを作るための「にんにく発酵機」みたいなものも売っていますが、よっぽどこだわりがなければ炊飯器で十分です。

 

 

黒にんにくの匂い対策法

屋外(庭など)で作った方が匂いがこもらないので、屋外で黒にんにくを作ることができる人はそうしましょう。

 

必要なもの
・にんにく
・炊飯器
・お酢
・ビニール袋(ジップロックなど)
・竹ザルもしくは金網
・ガーゼもしくはクッキングペーパー
・プラケース(段ボールや発泡スチロールでも代用可能)
・延長コード
・シート
・扇風機(サーキュレーター)
・ファブリーズ

 

※この記事では少しでも匂いをゼロに近づけるという目的で書かれているため「必要なもの」は多いですが、多少匂いが出ても構わない方は上の6つだけでも結構効果があります。

 

手順1.


まずはビニール袋に、にんにくとお酢を入れ
1~2日おきます(お酢は何回か繰り返し使用可能)

 

※匂いの解消効果は落ちますが10分程度漬けただけでもけっこう匂いは抑えられるので、時間がない方はそれでも構いません。

 

 

手順2.

 

お酢に漬けたあと丸1日天日干しします。

 

※これも消臭効果は落ちますが、時間のない方は1時間ていど乾燥させただけでもそれなりに効果はあります。

 

 

手順3.(手順4と細かい順番が変わっても構いません)

 

天日干ししたにんにくを炊飯器の中に入れますが、下に竹ザルもしくは金網などを敷いてください。

 

その上にガーゼもしくはクッキングペーパーをかぶせ炊飯器のフタを閉じます。

 

 

手順4.

【完全版】黒にんにくを作る時の匂い(臭い)対策

(JUNYOUの隠れ家より)

 

プラケースに炊飯器を入れコンセントを延長コードで繋ぎます。

 

炊飯器のスイッチを入れプラケースにフタをするかシートをかけてください。

 

※プラケースを置く場所は庭のすみなど、なるべく近所の家から離しておきましょう。

 

 

手順5.

サーキュレーター
可能な場合は扇風機(サーキュレーター)で匂いを飛ばすようにしましょう。

 

室内で作る場合は換気扇の方に匂いを飛ばしましょう。

 

ファブリーズはもし匂いが気になった場合

・プラケース

・シート
・自分の衣服

にかけてください。

 

 

 

あとは通常の黒にんにくの作り方と同じです。

 

10日~2週間で出来上がります。

 

 

お酢に漬けるため多少酸っぱくはなりますが、匂いを大幅に減らすことができます。

 

今回は完璧に匂いをなくすことを目的にさまざま方法を駆使しました。

 

 

人によって環境は違うので、できる範囲でお試しください。

 

 

今回の方法を読んで「やっぱり面倒くさい」と思った方のために簡単に黒にんにくを摂る方法もご紹介しておきます。

 

 

黒にんにくを匂いを気にせず簡単に摂る方法

 

黒にんにくが匂いを気にせず簡単に摂れる方法はつぎの2つです。

 

黒にんにくを買う

 

自分で作るのではなく、すでに出来上がった黒にんにくを買えば今回ご紹介した10日~2週間の工程をすっ飛ばすことができます。

 

デメリットは1玉500円ていどと、やや高いということです。

 

オススメの黒にんにくはこちらです。

 

オーガライフ

 

・とにかく美味しい

・炊飯器で作った黒にんにくの1.5倍のポリフェノール(抗酸化作用があり老化防止が期待できる)
・常温でも賞味期限が1年間ある(炊飯器で作った場合は2ヶ月)
・匂いの心配がない

 

という点でオススメします。

 

⇒⇒⇒オーガライフの公式サイトはこちら

 

 

 

黒にんにくのサプリメントを使う

 

黒にんにくの味には興味がないという方にはサプリメントがオススメです。

 

デメリットは

黒にんにくの味を楽しめない

ということです。

 

メリットとしては

・安い

・匂いの心配がない
・黒にんにくの味が苦手でも大丈夫
・賞味期限が長い(2年くらい)
・持ち歩ける

 

オススメは「発酵 黒にんにく酢卵黄」です。

 

発酵 黒にんにく酢卵黄

 

・疲労回復の効果が抜群

・400年の歴史を持つ発酵の老舗で作られているから安心で効果も高い
・安い
・飲みやすい

という点でオススメします。

 

黒にんにくパワーで元気で健康的な毎日をお過ごしください。

 

⇒⇒⇒発酵 黒にんにく酢卵黄の公式サイトはこちら

 

 

 

 

こんな記事もご紹介しています。